ホーム > 学会誌

トピックス

地域デザイン学会 学会誌

※学会誌第1号~第5号につきまして,残部がある号につきましては,販売可能でございます。お入り用の場合は,事務局宛お問い合わせください。


学会誌『地域デザイン』(第10号)に掲載する論文を以下の日程で募集します。

原則として事前に所定の投稿申込書にて投稿申し込みをしていただき,投稿規定・執筆要領を確認し,投稿原稿送付期限を厳守の上ご応募ください。会員の皆さまの多数のご応募をお待ちしております。

特集 「ゾーンとトポスの共創デザイン」

【日程】

2017年1月30日(月) 投稿申し込み(原則として)

所定の投稿申込書をダウンロードし,編集委員会宛メールにて提出してください。

E-mail: journal@zone-design.org

2017年3月31日(金) 投稿原稿送付期限(必着)

2017年9月 刊行(予定)

※査読結果により、修正をお願いする事がございます。2017年9月刊行予定のため、すべて期限厳守でお願い申し上げます。

※執筆にあたっての注意事項

原稿の執筆にあたっては、事前に執筆要領を十分に確認してください。その際、分からないことがあれば、投稿前に編集委員会宛問い合わせていただけますようお願い申し上げます。なお、原稿のクオリティを維持するため、執筆要領が守られていない原稿、引用箇所が極端に多い原稿については、投稿を辞退していただく事がございます。

学会誌『地域デザイン』投稿規定・執筆要領および査読規定


学会誌第8号の刊行について

学会誌『地域デザイン』第8号が,刊行されました。10月10日頃より,一般書店でも発売されます。

学会誌『地域デザイン』第8号 「地域文化と地域経営」 目次
【巻頭論文】

場の論理から捉えたトポスの展開 -身体性によるつながりの場とエコシステムの創造

原田保(本学会理事長)・宮本文宏(日本ユニシス(株))

【論文】

1. 高齢社会における地域保健医療について

島田達巳(東京都立科学技術大学(現首都大学東京))

2. 地域情報システム再考:文化と経営の視点から

 -新潟県南魚沼市辻又集落の事例を通じた考察

森本祥一(専修大学)

3. デスティネーション・マーケティングにおけるデスティネーション概念の検討

藤田尚希(埼玉大学大学院博士後期課程)

4. まち歩きと地域デザイン

 -新発見を誘うフレームワークの構築

髙橋愛典(近畿大学)

【研究ノート】

1. 「日光東照宮」と「日光市」:スピリチュアルゾーンデザイン

 -地域のための神秘、秘教、神話の活用

吉澤靖博((一社)ソーシャルユニバーシティ)

2. 「 越境する顧客」との共創による観光地域づくり

宮野幸岳(大分県立芸術文化短期大学)

3. まち、ひと、食の関係性と地域デザインの可能性

 -コーヒーのスタイルとサービスの観点から

後藤裕(文部科学省)・廣瀬元(金城大学短期大学部)

4. まちづくり担い手育成プログラム

 -「松山アーバンデザインスクール」の意義と課題

片岡由香(愛媛大学)・羽鳥剛史(愛媛大学)・河内俊樹(松山大学)・直井玲子(松山東雲女子大学)

【第2回農業文化フォーラム要旨】

農業文化の人・地域づくり

原田保・唐崎卓也・平口嘉典・稲泉博己

【日本情報経営学会第72回全国大会 (一社)地域デザイン学会共催セッション要旨】

地域デザインとコンテクスト転換

原田保・庄司真人・宮本文宏・古賀広志


学会誌第7号の刊行について

学会誌『地域デザイン』第7号が,刊行されました。4月15日頃より,一般書店でも発売されます。

学会誌『地域デザイン』第7号 「地域企業のイノベーション」 目次
【巻頭論文】

地域デザイン研究の定義とその理論フレームの骨子

 -地域デザイン学会における地域研究に関する認識の共有

原田保(地域デザイン学会理事長)・古賀広志(関西大学)

【論文】

1. 地域創生に向けた農産物直売所・朝市の新たな役割

 -農山村の内発的発展に向けた理論構築に向けて

唐崎卓也(農研機構)

2. 牛肉産業の振興と地方創生 49

 -九州における飼料用米給与牛肉の取り組みを事例として

中川隆(別府大学)

3. 地域デザインにおけるコンテクストトラベリズムとアクターズネットワーク

小川雅司(羽衣国際大学)

4. 地域を対象とするためのマーケティング論理の発展-S-D ロジックを中心に

庄司真人(高千穂大学)

【研究ノート】

1. 埼玉県小川町における有機農業を核とした地域デザイン-地場豆腐屋の貢献に注目して

下口ニナ・稲泉博己(東京農業大学)

2. 暮らしにおける安全・安心の実現に向けての一考察

原田保(地域デザイン学会理事長)・宮本文宏(日本ユニシス株式会社)

3. 旅のトポス-旅の概念の形成と歴史的変遷

原田保(地域デザイン学会理事長)・宮本文宏(日本ユニシス株式会社)

【地域デザインフォーラムやまなし2015要旨】

南アルプス市を事例にして地域の未来を考える!-現地でのワークショップの成果報告

青木茂樹・金丸一元・佐藤茂幸・石井信行・今井久・江戸克栄・後藤晶・澁谷彰久・
熊谷隆一・岡谷泰士・中込敦也・小尾伸太郎・横山佳純・原田保

【第1回ローカルガバナンスフォーラム要旨】

横浜におけるIT・行政・企業の取組

柴田典子・藤﨑晴彦・ 柳田義継・馮晏・原田保

【第4回全国大会シンポジウム要旨】

地域デザインにおいて地方議会議員が果たす役割

原田保・村崎浩史・森亮二・上妻博明・本田正美


学会誌第5・6号電子書籍版を刊行しました。

本学会学会誌『地域デザイン』第5号及び第6号の電子書籍版を刊行いたしました。Amazonをはじめ,各主要電子書籍ストアで販売しております。よろしくお願い申し上げます。

【Amazon】

【紀伊國屋書店】

【楽天】

【BinBストア】


学会誌第6号の刊行について

学会誌『地域デザイン』第6号が,刊行されました。一般書店でも発売されています。

学会誌『地域デザイン』第6号 「地域デザインのグローバル性とローカル性」 目次
【巻頭論文】

「深表統合モザイクゾーン」の戦略性についての試論 ―“深層”のローカル性と“表層”のグローバル性の統合

原田保(多摩大学)

【論文】

1. 地域デザインにおけるアクターの定位―ガバナンス論からの接近

本田正美(島根大学)

2. 伝統地名を活用した公・共・私が連携するアクターズネットワークの役割

  ― 兵庫県小野市きすみの地区を事例として

大室健治(農研機構近畿中国四国農業研究センター)

安江紘幸(農研機構東北農業研究センター)

3. 有機の島づくりに向けたアクターズネットワークの形成過程

  ―フィリピン・ネグロス島持続的農業・農村開発団体(NISARD)を中心に

下口ニナ(東京農業大学)

4. 地域デザインのアクターとしての企業の可能性に関する一考察

  ―グローバル性とローカル性を使い分けることで成長するイケアの事例を中心として

丸谷雄一郎(東京経済大学)

【研究ノート】

1. 越境(脱領域)的に伸縮する地域性に関する考察

  ―福島第一原子力発電所事故被災地域における記述試行

山中知彦(新潟県立大学)

2. 新型インフルエンザウイルスの攻撃への防御デザイン

  ―国境を越えた抗スケールフリーネットワークの構築戦略

萩原功((株)AStar 総合研究所)

3. 地域における医療と介護の統合デザイン

  ―住民が参画する地域包括ケアシステムの構築戦略

吉澤隆治(薬樹(株))

4. 日本の健康食品にみるグローカル展開の可能性

照井敬子(NPO 法人Liko-net)

5. 「森・大沼」=北海道・道南の“ネイチャーリゾート”

  ―コンテンツ統合による“ネイチャーリゾートブランド”の創造

原田保(多摩大学)

【第5回関東・東海地域部会研究会要旨】

ニューツーリズムと地域活性化のコンテクスト転換

髙橋伸佳・工藤康宏・屋代雅充

【第1回農業文化フォーラム要旨】

農山村における交流・連携と地域デザイン

岸昌孝 ・中村文明 ・下口ニナ

【第4回研究会講演要旨】

地域活性化と農業ビジネス―農業への期待と地域のブランド化

上原征彦(昭和女子大学)


学会誌第5号の刊行について

学会誌『地域デザイン』第5号が,刊行されました。一般書店でも発売されています。

学会誌『地域デザイン』第5号 「地域企業のイノベーション」 目次
【巻頭論文】

「第3のゾーン」としての「リージョナルゾーン」に関する試論

 ―「編集域」としての「グローバルリージョン」と「ナショナルリージョン」の提言

原田保(多摩大学)

【論文】

1.産業集積とコア事業転換

髙井透(日本大学)

2.東日本大震災における被災当事者による事業創造―地域企業のイノベーションにかんする事例研究

古賀広志(関西大学)

3.地域建設企業の戦略的イノベーション

坂井俊文(北海道科学大学)

4.地域産業としての仏壇産業における製品開発の新機軸に関する考察

 ―滋賀県彦根市の井上仏壇店の事例

大橋松貴(滋賀県立大学大学院生)

5.自然エネルギー開発における地域企業の変革と発展性に関する研究

 ―大分県の地熱を事例として

阿部博光(別府大学)

友成真一(早稲田大学)

6.地域デザインとサービス・エコシステム―地域企業における S-D ロジック的視点の探求

庄司真人(高千穂大学)

【研究ノート】

1.地域イノベーション人財育成に向けた「場」づくり

 ―フラッグフットボールを用いた実践型人財育成手法の可能性

矢島俊明(宮城大学大学院生)

2.医療ビジネスの地域ビジネスモデルへの転換―「地元創造」のコンテクスト転換

山﨑真一(東海大学医学部付属病院)

3.薬局の事業戦略にみるコンテクスト転換

 ―薬樹株式会社の事例を捉えた戦略研究

吉澤靖博(一般社団法人ソーシャルユニバーシティ)

4.地域におけるB 級グルメの取り組み

 ―地域ブランド創造の課題と今後の展開

宮本文宏(日本ユニシス株式会社)

【第3回全国大会シンポジウム要旨】

地域デザインのイノベーション

原田保・山梨崇仁・北岡篤・梶谷惠造


学会誌『地域デザイン』第4号の刊行について

学会誌『地域デザイン』第4号が,刊行されました。一般書店でも発売されています。

学会誌『地域デザイン』第4号 「地域デザインのコンテクスト転換」 目次
【巻頭論文】

地域デザイン理論のコンテクスト転換―ZTCAデザインモデルの提言

原田保(ハリウッド大学院大学)

【論文】

1.地域学習のメカニズムとダイナミックな地域能力

山田敏之(大東文化大学)

2.地域デザインのアクター

板倉宏昭(香川大学)

3.食料産業クラスター事業の展開方法―青森県りんご産業を中心として

金藤正直(法政大学)

岩田一哲(弘前大学)

高山貢(青森中央学院大学)

4.ビッグデータによる岡山の観光資源の分析とコンテクスト転換

杉山慎策(就実大学)

村上敏也(慶応義塾大学大学院・院生)

5.高田屋嘉兵衛の経営―人権を尊重するCSR経営の元祖

斎藤智文((株)組織と働きがい研究所)

【研究ノート】

1.地域の予防医療展開を目指したリレーションシップデザインの構築

村山敏夫(新潟大学)

2.都市の地域ブランドデザイン戦略試論―三鷹市を事例とした都市型の地域デザインの考察

宮本文宏(日本ユニシス(株))

【受託研究報告】

大月市の地域ブランド研究に関わる報告

佐藤茂幸(大月短期大学)

【関東・山梨・長野地域部会第4回研究会講演要旨】

老舗企業研究の経緯と地域デザイン

横澤利昌(ハリウッド大学院大学)

【第2回健康生活デザインフォーラム総括講演要旨】

スポーツに見る“革新性”と“拡張性”の考察―「相撲」、「柔道」、「ベースボール」、「サッカー」を捉えて

原田保(ハリウッド大学院大学)

【第2回健康生活デザインフォーラム研究報告】

ベビーサインを通したコミュニケーションと地域社会への貢献―企業も参画する地域コミュニティの形成

野津聡(NPO法人日本ベビーサイン協会)

【研究会運営委員会主催第3回研究会講演要旨】

飛鳥から藤原京、平城京へ―可視的構築物を通して

吉村武彦(明治大学)


学会誌『地域デザイン』第3号の刊行について

学会誌『地域デザイン』第3号が,刊行されました。一般書店でも発売されています。

学会誌『地域デザイン』第3号 「地域経済と観光ビジネス」 目次
【巻頭論文】

コンテクスト・ツーリズム:価値共創の視点から

庄司真人(高千穂大学)

【論文】

1. 「ニューツーリズム」と「地域ツーリズム」のコンテクスト転換

 ――「ツアー概念」から「トラベル概念」への“原点回帰”――

原田保(多摩大学)

2. 国際観光振興に資する非営利組織を活用した地域ブランドの構築とLBモデル

福岡賢昌(十文字学園女子大学)

3. 地域再生装置としての観光ビジネスに関する考察 ――レント分析を中心に――

大橋松貴(滋賀県立大学・院生)

4. 祭りの組織進化の研究――盛岡さんさ踊りを事例として――

髙木栄(京都大学)

【研究ノート】

1. 旅館業の市場情報活用と価値創造のマネジメント

 ――伊香保温泉旅館天坊における「場」に着目した考察――

大野富彦(群馬大学)

【シンポジウム】

地域経済活性化に向けた取り組み

コーディネーター 原田保(多摩大学)

シンポジスト 岡田好平(香川県土庄町前町長)

鈴木重男(岩手県葛巻町長)

金澤和夫(兵庫県副知事)

【第一回コンテクストツーリズムフォーラム講演要旨】

着地型観光事業における「地域の魅せ方」を考える

 ~次世代着地型観光の登場=コンテクストツーリズムへの期待~

寺田吉道(観光庁観光産業課長)

冨澤美津男((株)ティー・ゲート)

福井善朗(元神戸夙川学院大学客員教授)

原田保(多摩大学)

【第一回健康生活デザインフォーラム講演要旨】

地域デザインから捉えた「健康な」生活を考える

 ~人の健康・社会の健康・地球の健康を捉えたコンテクストデザイン~

香取幹((株)やさしい手社長)

吉澤隆治(薬樹(株))

原田保(多摩大学)

【北海道地域部会講演会】

地域の戦略資源としてのマリモ

 ――科学研究を基礎とした新価値の創出――

若菜勇(釧路市教育委員会)


学会誌『地域デザイン』第2号の刊行について

学会誌『地域デザイン』第2号が,刊行されました。学会員の皆様には,9月30日から順次発送させていただきます。また,2013年10月8日頃から書店にて発売されます。

学会誌『地域デザイン』第2号 「地域ブランドと地域の価値創造」 目次
【巻頭論文】

コンテクストブランドとしての地域ブランド―コンテクストである“地域”と“ブランド”の共振と共進による価値発現―

原田 保(多摩大学)

【論文】

1 コンテクスト・ブランディングとエピソード・ブランディング―成功する地域ブランドの構築戦略―

三浦 俊彦(中央大学)

2 地域ブランドと企業ブランドの関係性に関する一考察―「たねや」を事例に―

鈴木 敦詞(りんく考房)

3 地域ブランド構築プロセスにみる自治体による戦略的な「場」のデザイン―単数主体化と主体転換の促進への取り組み―

福岡 賢昌(十文字学園女子大学)

4 高級住宅地の形成過程とブランド価値の源泉―札幌市円山エリアにおける分譲マンションの供給分析―

内田 純一(北海道大学)

5 観光ビジネスにおける地域ブランドの戦略と効果―ワインツーリズムやまなしを事例に―

佐藤 茂幸・比嘉 正茂(大月短期大学)

6 地域の中小企業とそれを取り巻くステークホルダーによる地域ブランド構築のメカニズム

内田 亨(新潟国際情報大学)

7 地方圏における成熟化社会の「超」産業戦略

板倉宏昭(香川大学)

【研究ノート】

1 四川省成都市に関する研究ノート―民間小売業による地域価値向上の可能性―

斎藤 智文((株)組織と働きがい研究所)

【講演】

人に意識された空間としての都市を探る

佐藤 義雄(明治大学)


学会誌『地域デザイン』第1号の刊行について

学会誌『地域デザイン』第1号は,刊行されました。2013年度にご入会くださいました学会員の皆様には,3月28日から順次発送させていただきます。また,2013年4月5日頃から書店にて発売されます。

学会誌『地域デザイン』第1号 地域革新と地域デザイン 目次
  

学会誌刊行にあたって  地域デザイン学会会長 原田保

【巻頭論文】

地域デザインの戦略的展開に向けた分析視角―生活価値発現のための地域のコンテクスト活用―

原田保(多摩大学)

【論文】

1 集落限界化プロセスと過疎対策―奈良県過疎地域集落実態調査に基づいて― 

麻生憲一(奈良県立大学)

2 戦前期における外来商業がもたらした沖縄経済の変容

  

吉崎誠二(ディー・サイン不動産研究所)

3 地域の問題解決と協働のデザイン―メタ組織における分化と統合―

西村友幸(釧路公立大学)

4 地域ブランディングのプロセスと地域分析に関する考察

山田啓一(中村学園大学)

5 コンテンツとしての地域資源のコンテクストづくり―8都市における観光型商店街の研究から―

関谷忠(別府大学)

6 地域キャラクターにおける地域デザイン的分析

庄司真人(高千穂大学)

7 地域における薬局の役割に関する考察

吉澤靖博・藤田健二(ソーシャルユニバーシティ総合研究所)

【研究ノート】

1 一般社団法人淡路エリアマネジメントの設立背景とその役割

松本久美(安田開発㈱)

【講演要旨】

1 地域のアースダイバー

中沢新一(明治大学野生の科学研究所)

2 クール・ジャパンと地域イノベーション

梅澤高明(A.T.カーニー)

【シンポジウム要旨】

1 地域デザインにおける新機軸―市町村および区レベルの課題と対応―

モデレーター       

原田保(本学会会長)

シンポジスト       

森川裕一(明日香村)

石川雅己(千代田区)

長沼 明(志木市)


過去の募集情報

▲ページ上に戻る